消費者金融の審査で見られるのは

私は消費者金融会社を利用したことはありませんが、学生の時分に海外留学への願望や物欲のためにお金がどうしても欲しかった時は利用することも考えたことがあります。その時は「学生で融資の審査が通るわけがない」と決めつけてしまっていたため、特に調べもせず借りることは諦めました。

ところがよくよく調べてみると、たとえ学生でも収入があれば審査が通る可能性もあることを知りました。それを当時知っていればもっとアクティブな学生生活を送ることが出来ていたかもしれないと考えることがあります。”学生でも収入があれば審査は通る”と書きましたが、もちろん勤労による収入があることは審査においてのほぼ絶対条件のようです。要するに、親からの小遣いや貯金がたくさんあるとしても、安定した収入がなければ融資は行われません。

たとえば、学生でアルバイトでの収入が月に8万円ある人と、無職だが親からの小遣いが月に15万円ある人がいたとします。月に入るお金は後者の方が倍近く多いですが、消費者金融の審査において有利になるのは断然前者のほうだということです。こうした審査基準の理由は、要するに、その人”個人”に対してそれだけ信用が置けるか、という観点からだと思います。

審査の基準をいくつか信用という観点からみると他にもさまざまあるようです。たとえば、過去に借りた経歴があり、何度も支払いを滞納したような人などはたとえサラリーマンで安定した収入があったとしても審査においては大きくマイナスになり得るのです。とにもかくにも、審査においては社会的地位よりもまずは信用できる人間かどうか、が見られるようです。

即日融資について

お金を借りる者にとって即日融資は非常に助かるサービスです。最近の大手消費者金融のほとんどは即日融資が可能ですので、非常に便利な時代になった感じています。

消費者金融に自動契約機が登場してから、かなりの時間が流れました。自動契約機が普及する以前の消費者金融は、申し込み時に対人で申し込みを進めていく場合がほとんどでしたので、今よりも人件費もかなり掛かっていましたし、申し込みする側にとっても時間が掛かる物でした。

その時代から比べれば今はかなり便利な時代になったと感じます、同時に申し込み時に精神的な緊張もだいぶ少なくなりましたので、申し込みしやすい環境が整っていると思います。

お金を貸してくれと頼む行為は、誰しも抵抗を感じると思います。金貸し業をやっていると言っても、対人ですとそのストレスは変わることがないので、昔の人は大変だったと思います。逆に今の人は安易にお金を借りてしまう場合が増えてきたのでないでしょうか。簡単にお金を借りることができる環境は非常に便利ですが、同時に自己破産をしてしまう人が増えてしまうというデメリットもあります。

即日融資でお金を借りても、返済に掛かる時間は即日ではありませんので、借り入れするときは返済計画をきちんと建てる必要があります。

消費者金融のキャッシングの申込みはネットが便利

急な出費で困った時に消費者金融のキャッシングを利用できると便利です。
家族に秘密でお金を借りたい時もあると思いますし、家族にばれないように申込むならネットが便利です。

消費者金融のキャッシングの申込みにもいくつかの方法があります。
パソコンやケータイ、電話や郵送、もちろん、直接お店に行って申込めますが、誰にも会わずにキャッシングの申込みをしたい方がほとんどだと思います。

誰にも会わず、家族に秘密で申込むならやっぱりパソコンやケータイが便利です。

電話による面倒なやり取りもありませんし、本人確認書類もネットから送れます。

あと、自動契約機も誰とも会わずに申込めるので、パソコンやケータイを持っていない方には、近くの自動契約機で申込むといいでしょう。

ネットから申込むと確認の電話が消費者金融から掛かってきます。
この時も消費者金融の名前は言わずに個人名でかけてくるので、家族が電話に出ても安心です。

審査はキャッシングを申込んで早くて1時間、消費者金融にもよりますが2時間ほどで審査結果が分かります。
ちなみに限度額は審査によって決まるので、初めて申込む場合は、少なめに申込むと審査も通りやすくなります。

審査が通ったらすぐにお金を振り込んで貰えますし、急いでいる方にもスピーディに対応しています。